栃木の整形外科・リハビリテーション科、のぞみ整形外科です。

top

整形外科手術応需

整形外科手術について

バネ指については当院で、肩関節については下都賀総合病院との病診連携によって、安全な手術環境下にて手術を行います。

肩関節鏡視下手術は整形外科領域において最も新しい手術とも言われています。
手術例としては腱板断裂が最も多く、その他には肩関節不安定症(反復性脱臼・ゆるい肩)、石灰沈着性腱板炎、関節唇損傷(野球肩など)多くの疾患に適用可能な手術法です。

バネ指について

ご職業やスポーツなどで、手を良くお使いになられる方で、腱鞘炎(けんしょうえん)にお悩みの方が増えております。

腱鞘炎とは主に、親指や中指の付け根の部分で発症しやすい疾患です。
指の関節を曲げたり伸ばしたりする時に、ひも状の腱(けん)が作用しています。
この腱は、腱鞘(けんしょう)と呼ばれる鞘に包まれています。
その部分に炎症が起こると指の付け根に痛みや腫れ、熱感などが生じます。
このような自覚症状がある場合、腱鞘炎が疑われます。

症状が進行すると、時に指が曲がったまま伸びなくなり、力を入れて伸ばそうとすると「ポキッ」と音を立てて動くような現象が生じます。これをバネ指と言います。

バネ指の治療(保存療法)

保存療法での治療は、患部の安静を保ち刺激による悪化を防ぐことを目的とします。
消炎鎮痛剤やシップの他、患部へ低周波を照射するなど物理療法を駆使して、痛みや腫れを軽減させて行きます。
但し、保存療法で症状の改善がみられない場合や、指が曲がったまま伸びない状態が頻繁に起こるなど、バネ指の状態が悪化した場合には手術を検討します。

バネ指の治療(手術療法)

当院にて日帰り手術を行います。日帰りなので入院などのご心配はありません。
腱鞘の一部を切開することで、炎症によりスムーズに動かなくなった腱と腱鞘の問題を解消します。これにより、バネ指現象は100%治癒します。
但し、バネ指が解消されても腱鞘炎が治まったわけでは無いので、再度保存療法にて腱鞘炎の治療を続けていきます。

肩関節鏡視下手術

人体の関節構造は、周囲の腱や靭帯が関節を安定させる重要な働きをしています。
そのためこれら腱、靭帯の損傷が原因で発症する病気も沢山あります。
中でも、肩関節は人体の関節でも特によく動く関節です。
従来肩関節の手術は、三角筋や大胸筋といった肩のまわりの筋肉を大きく切開して、手術を行っていました。

しかし、最近では関節鏡という内視鏡を用いて関節の内部で損傷された関節唇を縫合したり、関節包を縫い縮めたり、肩の周囲の筋肉を縫合することが可能となりました。

従来の手術(関節鏡を使用しない)と比較すると、傷や痕が残りにくい点や痛みが少なく、低侵襲な手術で、従来の手術では不可能であった「関節の深部の確認」が可能なメリットの多い手術です。
手術は連携病院である「下都賀総合病院」にて、肩関節の手術には多くの臨床経験を持つ院長自らが執刀します。
通常の手術に比べ、皮膚切開を必要としないため、入院期間も短く、術後の痛みも少ないので、早期にリハビリテーションはじめることができ、早期退院、社会復帰・スポーツの再開が可能です。

手術対象の肩関節疾患や適応
  • 反復性肩関節脱臼・肩関節唇縫合術・肩腱板損傷
  • 腱板縫合術・石灰沈着性肩板炎・肩関節石灰摘出術 など
  • 整形外科 脊椎や骨、関節、筋肉に関わる疾患やお困りについて
  • リハビリテーション科 理学療法士による適切な運動器リハビリテーション
  • スポーツ整形外科 院長は日本体育協会認定のスポーツドクターです
  • 骨粗鬆症 女性に多い骨粗鬆症は早期の検査で骨折予防につながります
  • 整形外科手術応需 バネ指や肩関節の整形外科手術についてご相談下さい
ページのトップへ