栃木の整形外科・リハビリテーション科、のぞみ整形外科です。

top

当院について

診療のご案内

当院は整形外科・運動器リハビリテーションを専門としたクリニックです。

腰背部痛、首の痛み、膝関節、肩関節など関節痛、四肢の筋肉痛、神経痛などの整形外科疾患の診断や治療、ケガによる打撲や骨折、関節脱臼、靱帯損傷・捻挫、創傷(擦り傷、切り傷、挫傷、熱傷など)の診断と治療及び、経験豊富な理学療法士と連携し、適切な運動器リハビリテーションを行える医院環境を整えております。

前述の一般整形外科をはじめ、特にスポーツによるケガや故障については日本整形外科スポーツ医、日本体育協会認定スポーツドクターなどの有資格者である院長が、専門性の高い医療のご提供を行っております。

また、バネ指や肩関節については下都賀総合病院との病診連携によって、安全な手術環境の元、患者様の病状や経過を良く知る院長が直接執刀致します。

整形外科

整形外科とは身体の芯になる骨・関節などの骨格系とそれを取り囲む筋肉やそれらを支配する神経系からなる「運動器」の病気や外傷を取り扱っており、「運動器」の機能障害や外傷による損傷を診断・治療する診療科のことです。

» 詳しくはこちら

リハビリテーション科

リハビリテーション科とは、身体に痛みや障害がある患者様ができるだけ早く社会や日常生活に復帰できるように、またケガなどで競技ができない方が一日でも早くスポーツ復帰できるように運動療法や物理療法などを取り入れて行われる診療科です。

» 詳しくはこちら

スポーツ整形外科

スポーツ整形外科とは、スポーツ外傷、障害の治療を目的に、その病態の解明や最適な治療、診断を行う診療科のことです。学生、社会人、年齢、男女を問わず、スポーツ選手やスポーツを始めようとする方が、骨、関節、筋肉など運動器官の疾病で、特にスポーツに関係した外傷や障害を取り扱います。

» 詳しくはこちら

骨粗鬆症

骨に含まれるカルシウムなどの量(いわゆる骨量)は若年期をピークに、年齢の積み重ねとともに減少し、結果骨の中の構造が壊れ、骨の中がスカスカの状態になります。このような状態を骨粗鬆症といいます。 主に、高齢女性を中心に年々増加しています。

» 詳しくはこちら

整形外科手術

バネ指や肩関節については下都賀総合病院との病診連携によって、安全な手術環境下にて手術を行います。
肩関節鏡視下手術は整形外科領域において最も新しい手術とも言われています。
手術例としては腱板断裂が最も多く、その他には肩関節不安定症(反復性脱臼・ゆるい肩)、石灰沈着腱板炎、関節唇損傷(野球肩など)多くの傷害に適用可能な手術法です。

» 詳しくはこちら

  • 整形外科 脊椎や骨、関節、筋肉に関わる疾患やお困りについて
  • リハビリテーション科 理学療法士による適切な運動器リハビリテーション
  • スポーツ整形外科 院長は日本体育協会認定のスポーツドクターです
  • 骨粗鬆症 女性に多い骨粗鬆症は早期の検査で骨折予防につながります
  • 整形外科手術応需 バネ指や肩関節の整形外科手術についてご相談下さい
ページのトップへ