栃木の整形外科・リハビリテーション科、のぞみ整形外科です。

top

クリニック紹介

院内の紹介

※画像をクリックすると拡大されます。

  • 当院外観

    当院外観

  • 目印の看板

    目印の看板

  • 受付

    受付

  • 待合スペース

    待合スペース

  • 診察室

    診察室

  • 処置室

    処置室

  • リハビリテーションスペース

    リハビリテーションスペース

  • リハビリテーションスペース2

    リハビリテーションスペース2

clinic_title2.jpg

超音波検査装置
またはエコー検査とも言います。
腱や関節軟骨などの運動器と、骨及び皮下に発生した腫瘍などが主な対象となります。
肉離れや靱帯損傷などのスポーツ外傷では、レントゲン撮影のみでは正確な病態の判断が難しく、超音波検査によって損傷の範囲や程度が診断できます。また周辺の構造物を観察することで、液体貯留や血腫など外傷に伴う二次性の変化を早期に診断することも可能です。



骨密度測定装置(DXA)
骨粗しよう症の診断、治療に欠かせない正確な骨密度の測定検査が可能です。
痛みもなく患者様の負担も少なく検査することが可能です。
X線による被ばくは胸部レントゲン撮影の約6分の1と低侵襲な医療機器です。


  • 整形外科 脊椎や骨、関節、筋肉に関わる疾患やお困りについて
  • リハビリテーション科 理学療法士による適切な運動器リハビリテーション
  • スポーツ整形外科 院長は日本体育協会認定のスポーツドクターです
  • 骨粗鬆症 女性に多い骨粗鬆症は早期の検査で骨折予防につながります
  • 整形外科手術応需 バネ指や肩関節の整形外科手術についてご相談下さい
ページのトップへ