栃木の整形外科・リハビリテーション科、のぞみ整形外科です。

top

整形外科

整形外科とは?

当院では「日本整形外科学会専門医」による診断・治療を行っております。
対象疾患は、肩こり、五十肩、骨折、捻挫、椎間板ヘルニア、骨粗鬆(しょう)症、腰痛、脱臼、股関節症、膝関節症などがあります。

整形外科とは、主に脊椎、四肢(腕・手・脚・足)の運動器を構成している骨・関節、関節を連結する靭帯、筋肉や腱、脊髄および末梢神経の疾患による機能障害や外傷による損傷を診断・治療する診療科です。

当院では、これら傷病による四肢・体幹(胴)の痛みや運動機能の障害などの診断・治療を行っております。
また、症状や検査結果によっては(下都賀病院整形外科、自治医大、獨協医大などの連携医療機関へのご紹介)など個々の患者様のQOL(生活の質)の向上を第一とした医療のご提供を行っております。

こんな症状の時はご相談下さい
  • 首、腰、肩や腕・肘・手、脚・膝・足が痛い
  • 手足などが痺れる
  • 打撲、骨折、脱臼、捻挫、外傷(擦り傷、切り傷、火傷、床ずれ)
  • お子様の脊椎、四肢の変形、その他異常であるか疑問
  • スポーツによる故障、運動中の体幹・四肢の痛み
症状別に診る疾患
症状 考えられる代表疾患
首が痛い
肩がこる
頚椎症、頚部捻挫(ムチウチ症)、頚椎椎間板ヘルニア、環軸椎回旋固定(小児)
腰が痛い 腰椎椎間板ヘルニア、変形性腰椎症、骨粗しょう症
足が痛い 捻挫、痛風、扁平足障害、外反母趾
ひじが痛い 上腕骨外(テニス肘)、内上顆炎、野球肘、肘内障(小児)
ひざが痛い 変形性膝関節症、靭帯損傷、半月板損傷、オスグッド病(小児)
手が痛い
手首が痛い
関節リウマチ、腱鞘炎、靭帯損傷、へバーデン結節
ももの付け根が痛い 変形性股関節症、単純性股関節炎(小児)、先天性股関節脱臼(乳幼児)
肩が痛い 肩関節周囲炎(五十肩)、腱板損傷、投球障害肩
手がしびれる 頚椎症、尺骨神経麻痺、手根管症候群、胸部出口症候群
足がしびれる 腰椎椎間板ヘルニア、慢性閉塞性動脈硬化症、腰部脊柱管狭窄症
お子様の整形外科(小児整形外科)

お子様の場合、成人と異なり発育や成長なども踏まえた診断・治療を行うことが大切です。
具体的には以下のような疾患について、適切な治療を行います。

疾患名 具体的な症状
先天性股関節脱臼 股関節がずれたり、はずれたりなどの脱臼を起こす病気です。発症率は女児に多く見られます。
内反足 かかとや足の裏全体が内側に曲がっている足の変形です。
O脚・X脚 足を揃えて時、膝が3センチ以上開くのがO脚、膝をつけて立った時くるぶしが離れるのがX脚です。
ペルテス病 発育期のお子様に特異的に起こります。片方の足の股関節に軽度の痛みを伴い、股関節が内側にも外側にも動かしにくくなります。
側弯症 脊柱が左右方向に弯曲した状態です。
肘内障 上肘をひっぱったあとに、腕を動かさなくなる症状が特徴的です。
  • 整形外科 脊椎や骨、関節、筋肉に関わる疾患やお困りについて
  • リハビリテーション科 理学療法士による適切な運動器リハビリテーション
  • スポーツ整形外科 院長は日本体育協会認定のスポーツドクターです
  • 骨粗鬆症 女性に多い骨粗鬆症は早期の検査で骨折予防につながります
  • 整形外科手術応需 バネ指や肩関節の整形外科手術についてご相談下さい
ページのトップへ