栃木の整形外科・リハビリテーション科、のぞみ整形外科です。

top

スポーツ整形外科

スポーツ整形外科とは?

スポーツ整形外科とは、スポーツ外傷や障害の治療を目的に、その病態の解明や最適な治療、診断を行う診療科のことです。

学生、社会人、年齢、男女を問わず、スポーツ選手やスポーツを始めようとする方を対象としています。骨、関節、筋肉など運動器官の疾病で、特にスポーツに関した外傷や障害を取り扱います。
周知の通り、数多くのスポーツ種目があり、個人の技能や経験も実に様々です。
そのような方々の外傷や障害について、スポーツドクターである院長が、個々の患者様の症状をよく理解した上で、適切な診断や治療、運動器リハビリテーションを行い、早期の現状復帰への支援を致します。

スポーツ外傷

スポーツ外傷とは、スポーツによる突発性のケガを指します。
予期せぬ場合が多いので、発生の予防については特に困難な場合がほとんどです。
外傷には主に、切り傷、擦り傷、骨折、脱臼、靱帯損傷(ねんざ)、肉離れ、腱断裂などがあります。

このようなケガをした場合はできるだけ早くスポーツを中止し、可能な範囲での応急処置を行った後すぐに最寄りの医療機関(できればスポーツ外傷の専門医のいる)で診察を受けましょう。
一般の外傷とは異なり、最終的には1日でも早い、競技への復帰を考えて治療を行います。
また治療の一環として、理学療法士がマンツーマンで運動器リハビリテーションを行います。

主なスポーツ外傷
打撲・骨折・脱臼・捻挫・切り傷・擦り傷・靭帯損傷・腱断裂・肉ばなれ など
スポーツ障害

スポーツ障害とは、運動を繰り返すことで積み重なったものが痛みとなることです。
繰り返しの動作や過剰な練習などで、徐々に悪化していきます。

スポーツ外傷と同様に、1日でも早い機能回復に向けて消炎鎮痛処置などの治療と理学療法士による運動器リハビリテーションを行います。

主なスポーツ障害
野球肩・野球肘・テニス肘・ゴルフ肘・半月板損傷・疲労骨折・腰痛・ジャンパー膝・オスグッド病 など
  • 整形外科 脊椎や骨、関節、筋肉に関わる疾患やお困りについて
  • リハビリテーション科 理学療法士による適切な運動器リハビリテーション
  • スポーツ整形外科 院長は日本体育協会認定のスポーツドクターです
  • 骨粗鬆症 女性に多い骨粗鬆症は早期の検査で骨折予防につながります
  • 整形外科手術応需 バネ指や肩関節の整形外科手術についてご相談下さい
ページのトップへ